MENU

夜空を明るく焦がす姶良の“ハシタマッ”

2019.08.19

今年の春に、レンゲ畑を見に行った姶良市の北山上地区。

地元の方に「お盆の時期にまたおいで」と言われていたので、先日行ってみると・・・

 

春は一面のレンゲ畑だった所は、すっかり青々とした田んぼに変わっていました。

「お盆の時期に」と言われたのは、北山上地区で行われる伝統行事「柱松(ハシタマッ)」があるからです。

 

その独特な名前からは想像もつかなかったのですが、柱松は、お盆の迎え火・送り火として、地区に100年以上も伝わる伝統行事なんだそうです。

高さ8mほどに掲げられた竹かごをめがけて、次々とたいまつを投げ入れます。

竹かごの中には麦わらが入っています。

 

なかなか入らないたいまつ。ようやく火がつくと…

豪快に燃え始めました。

 

辺りにはパチッ、パチッという音が響きます。

夜空を明るく照らす炎。

里帰りをする魂にも、迎え火としてきっとよく見えたと思います。

 

会場に訪れていた人たちは皆、厳かに燃える炎に見入っていました。

 

私も明るいうちに挑戦させてもらいましたが、全然ダメでした…

今回の柱松の写真は、KTSのNカメラマン撮影の映像から静止画を切り出したものです。

奇麗に撮ってくださり、ありがとうございます♪

プロフィール

KTS気象予報士

中俣 美咲

なかまた みさき

誕生日

10月29日

星座

蠍座

出身地

日置市

血液型

A

番組等

かごニュー

カテゴリー

  • 取材
  • 日記
  • カレンダー

    2020年2月
    « 1月    
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    242526272829  

    Photos

    八重のきらめき
    不思議な松の木があるカフェ
    劇団四季「エビータ」
    早春の花たち
    今年もよろしくお願いします
    ペンギンのお散歩