MENU

全国高校駅伝

2019.12.26

2020年12月22日、

師走の京都・都大路を駆け抜ける、全国高校駅伝が開催され、

私は現地に取材に行きました。

 

県代表は、

男子が2年ぶり50回目の出場の鹿児島実業、

女子が4年連続26回目の出場の神村学園でした。

 

21.0975kmを5人がタスキでつなぐ、女子のレース。

去年優勝した神村学園は、

優勝メンバー3人を含む、オール2年生で挑みました。

 

惜しくも、女子史上4校目の連覇とはなりませんでしたが、

去年の神村学園の優勝タイムを6秒上回る、1時間7分19秒をマークしての準優勝でした。(優勝の宮城・仙台育英は1時間7分00秒)

 

各選手について取材をして感じたことを書きます。

 

・1区(6km)  木之下沙椰選手(2年)

去年は4区(3km)を走り初優勝に貢献した木之下選手。

今年はエース区間の1区を任されました。

大会前に行ったコースの試走(歩道を走る)では、雰囲気をつかんでいたものの、本番では全く違ったと言います。

集団の中で、なかなか自分のペースで走れない中、試走で感じた以上に車道の上り坂がきつく感じたそうです。

1区のコースの難しさを改めて感じたと話しました。

それでも、自分が出せる全ての力を振り絞って走ったと、木之下選手。

レース後、大粒の涙が止まりませんでした。

チームのみんなに「ごめんね、ごめんね」と言い続けていました。

自分が大ブレーキをしたせいで、他のメンバーが自分のレースができなかったと、責任を感じて泣いていた木之下選手ですが、

「来年は絶対に1区でリベンジをして、今度こそチームに貢献する走りをしたい」と、まっすぐに私を見て話してくれました。

木之下選手はこの悔しさをバネに、来年どんな走りを見せてくれるのでしょうか。

 

・2区(4.0975km)  バイレ・シンシア選手(2年)

14位でタスキをもらったシンシア選手は、13人抜きでトップに立つ快走を見せました。(区間2位)

大会前日は、「区間賞をとって、優勝をしたい」と話していたシンシア選手、

レース後、涙を流しながら「悔しいです…」と絞り出すような声で話してくれました。

そして、「来年は優勝をして、もう一回一番になります」と、決意も語ってくれました。

チームの大黒柱のシンシア選手。

シンシア選手とともに練習することで、他の選手も自信をつけ、チームの底上げにもつながっています。

シンシア選手のさらなるレベルアップに期待したいと思います。

 

・3区(3km)  黒川円佳選手(2年)

去年は1年生ながら、3区で区間6位の成績を残した黒川選手は、二年連続の3区でした。

トップでタスキをもらい、惜しくも中継所手前で仙台育英にかわされ、2位でのタスキリレーとなりましたが、

区間3位の好タイムでした。

今年は去年と違い、シンシア選手と練習で一緒に走ったことなどで自信もつき、満を持して挑んだ駅伝でしたが、

「チームのために貯金を作る走りができなかった」と、涙で目をぬらしていました。

普段はとても明るく、インタビューにも笑顔ではきはきと答えてくれる黒川選手。

来年は、レース後、笑顔の黒川選手にインタビューできることを楽しみにしています。

 

・4区(3km)  鳥居華選手(2年)

去年はサポート役、そして今年、憧れの都大路の舞台に初めて立った鳥居選手。

初めてながら、4区で区間2位(区間1位の選手と2秒差)の成績を残しました。

しかし、区間1位の選手が自分よりも年下の1年生の選手(仙台育英)だったことに触れ、悔しさをにじませていました。

トップと3秒差でタスキを受けた鳥居選手、その強い闘志で、アンカーにトップと5秒差でタスキリレーしました。

「絶対にトップと離されないぞ」、その強い気持ちが走りから伝わってきました。

鳥居選手が教えてくれたのですが、大切なレースの前には前髪をハチマキの中に全部しまいこんで、気合いを入れるそうです。

今回のレースもいつもの“華スタイル”で挑んでいました。

「来年は絶対優勝する」と力強く話してくれた鳥居選手の言葉、信じたいと思います。

 

・5区(5km)  中須瑠菜キャプテン(2年)

前回大会優勝と言うことで、全国からも追われる存在となった神村学園。

中須選手は2年生ながら、そのチームのキャプテンを任されました。

去年は2区を走り優勝に貢献した中須選手は、

今年はキャプテンとして、大会の開会式での選手宣誓と、駅伝のアンカーと言う二つの大役を任されました。

就任31年目の有川哲蔵監督も、「今回の大会は中須で始まり、中須で終わる大会にしたい」と、

キャプテンに絶大な信頼を寄せていました。

2位でタスキをもらった、中須選手、懸命に仙台育英の選手を追いましたが、最後までその背中に追いつけませんでした。

フィニッシュした瞬間から涙が止まらなかった中須選手。

レース後に話を聞くと、

「最後はアンカー勝負になることは分かっていたし、4区の鳥居選手からタスキを渡された時に背中も押されて、

そこから前に走った4人の気持ちが伝わってきた。でも、走っている途中に、この差はもう縮まらないんじゃないかと、

不安になってしまい、その弱い心が勝てなかった要因だと思います。来年は、今回見ていた背中を見ずに、必ず優勝します」

と、力強く話してくれました。

キャプテンになり、チームメイトに厳しく接しないといけないことも増え、

「自分は嫌われてもいいから、チームのために声をかけられるキャプテンになろう」と努めてきました。

それでも感情が抑えきれず涙を流したこともあったそうです。

それでも、「自分が未熟だからこそ、周りのメンバーが一つになって自分を助けてくれている」と、話していました。

その言葉から、チームの絆を感じました。

 

泣きながらインタビューに答えてくれる選手の姿を見て、

悔しさと同時に、もう二度と同じ相手には負けない、と言う強い決意を感じました。

来年はどんな物語が待っているのでしょうか。

最近の投稿

2020.03.31

大切な人

2020.03.20

水球

2020.03.13

スタジオ

プロフィール

KTSアナウンサー

井上 彩香

いのうえ あやか

誕生日

7月21日

星座

蟹座

出身地

広島県広島市

血液型

A

入社年

2011年

番組等

KTS Live News

カテゴリー

  • 日記
  • カレンダー

    2020年10月
    « 3月    
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031  

    Photos

    大切な人
    水球
    スタジオ
    プロ1年目
    TOKYO
    一年後